悟りプレイ

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

「同じURLにアクセスできるのは1日1回まで」の制限で時間の質が一気に上がる

中毒者は繰り返す

ニュースサイトはネタが発生する度に記事にして発表する。いつ記事が発表されるかは不明。12時だったり18時だったり深夜1時だったり。

インターネット中毒の人は、このニュースサイトに数分~数時間毎にアクセスする。なぜそんなことをするのかと言われても、ほぼ無意識でやっているから目的意識なんてないんだけど、強いて言えば「発表直後に記事を読みたいから」かな。

いくらニュースサイトでも数分毎に記事を連発するわけではないのに、それでも数分~数時間毎にアクセスする。大抵前回アクセスと同じ画面だ。「前回アクセスから更新がないことを確認する作業」を繰り返しているわけだ。

健常者の感覚だと「1日1回アクセスして記事をまとめて読めばいいじゃん」と思うんだろうけども。あなたがそう思ったのなら、健康そのものだよ。その心を大切にしてほしい。

※ただし複数の作業を繰り返している

「同じURLにアクセスする作業を繰り返す」と言っても、1つのURLのみに何度もアクセスしている人は少ないと思う。それでは本当に単純作業だし。

「URL1→URL2→URL3→URL1→URL3→URL2→…」という具合にいくつかのURLに適当にアクセスしていくため、単純作業と感じにくい。

1日1回制限で健常者の感覚を思い出そう

上の話に心当たりがあったなら、あなたは大分危ない。インターネット中毒になりかけているか、もう思いっきりインターネット中毒だ。

「1日1回まとめて読めばいい」の方が圧倒的に正しい。「更新がないことを確認する作業」なんて人間様がわざわざ時間を使ってする作業ではない。

芸能人の結婚とか今知っても明日知っても同じだよ。一刻も早く知らなきゃいけない仕事をしているのでなければ、その差は大きくない。「更新がないことを確認する作業」で溶かしてしまっている時間の方が何倍も重い。

そこでタイトルに戻る。「同じURLにアクセスできるのは1日1回まで」と制限してみよう。「あ、ここ今日もうアクセスしちゃったからまた明日ね」―それで何日か過ごしてみても、何ら困らないと思う。困らないんだから、じゃあ1日1回でいいよね。

1日1回制限によって無駄な作業が減り、記事をまとめて読むという濃い時間の使い方ができるようになる。久しく感じていなかった充実感を感じられると思うよ。

間隔を広げていく

あなたが今まで頻繁にアクセスしていたURLの中には、週1程度の頻度でしか更新しなかったり、ないならないで別に困らないURLもあると思う。

そういうURLは、1日1回どころか数日に1回、数週間に1回、数ヶ月に1回のアクセスで十分かもしれない。アクセスする回数が減れば無駄なアクセスが減り、時間の質が上がる。

更新確認機能は使わない方がいい

メールなどによって更新情報を配信する機能を用意しているサービスもある。こういう機能を使えば、更新があればメールなどでお知らせしてくれるから「更新がないことを確認する作業」はなくなる。

ただし「更新がないことを確認する作業」がなくなっても「更新からできるだけ短時間で読みたくなる癖」は直らないから、通知が届いたら気になってすぐにアクセスしちゃう。それでは意味がない。「別に更新直後に読まなくてもいいや」と考えられることが大事。だから手動で1日なり数日なり間隔を取って、まとめて読もう。

まとめ

「同じURLにアクセスする作業を繰り返している」―なんて無駄な作業なのだろう。発表直後に入手しなきゃならない情報なんてそうそうあるもんじゃないから、1日1回にしよう。数日、数週間、数ヶ月に1回にしよう。

浮いた時間の使い道は「更新がないことを確認する作業」よりマシなら何でもいいよ。昼寝でも読書でも、あの無駄な作業よりは何倍もいい。