悟りプレイ

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

Q.馬鹿に馬鹿と言って何が悪い A.効率

一目瞭然な事実をわざわざ言わなくても…

「砂糖は甘い」とか「This is a pen.」とか、今更誰も言わないんだよね。当たり前すぎて言う必要がないから。砂糖が辛かったら怖いし、目の前にあるペンがペンであることをわざわざ言われても「だからどうした」でしかない。

言葉は相手に情報を伝えるための手段だから、相手が既にその情報を持っているなら、わざわざ利用する必要はない。だから馬鹿にただ馬鹿と言うだけでは効率が悪い。「馬鹿と言う奴が馬鹿」ってそういうこと。言わなくていいことをわざわざ言う非効率的な馬鹿。

一目瞭然でない事実を指摘するから意味がある

詐欺師に騙されそうになっている人に「こいつ詐欺師だぞ!気をつけろ!」と言うのは、馬鹿に馬鹿と言うのと違い意味がある。詐欺師が詐欺師だとわかりづらいから。馬鹿にしても、わかりづらい馬鹿を指摘する場合には意味がある。「あぁなるほど。言われてみれば確かにそうだな。気付かなかったよ…」となる。

言葉は情報を持っていない人に情報を渡す道具。それさえ分かっていれば「もうそんなの持ってるから…」な無駄がなくなり、馬鹿をアピールせずに済むんじゃないかな。

わざわざ自分から気分を害さなくても…

馬鹿のことが馬鹿だとわかるのは、その馬鹿をしっかり見ているからだ。でも馬鹿って見てても気分悪くなるだけじゃん。馬鹿だし。

馬鹿がいるからと言って、あなたがその馬鹿を認識する必要はない。そっちは無視して、好きなものを見ていればいい。好きなアイドルの写真とか、面白い雑誌とか、そういうのを見ていれば幸せなんだよ。

世の中というテーブルには、色々な料理が並んでいる。中には嫌いな料理もあるし、好きな料理もある。でも胃の大きさには限界がある。じゃあ何を食べるかって「好きな料理」なんだよ。わざわざ「嫌いな料理」を食べて「あー不味いなぁクソが!」とか言っても、それこそ馬鹿なわけ。

やめようよそんな馬鹿馬鹿しいこと。嫌いな料理をわざわざ食べなきゃいけない場面なんて、現代じゃそうそうないと思うよ。好きなものを食べなよ。

下を見て安心するのはやめようよ

馬鹿のことをわざわざ見る動機の1つに「自分より馬鹿な奴を見て安心するため」というのがある。その安心って錯覚なんだけどね。

馬鹿がテストで0点を取っても、あなたのテストの点数は50点から100点に上がるわけじゃないんだよね。あなたの頭は、馬鹿がいることに関係なく50点。勉強しなきゃその点数は上がらない。

馬鹿はそのうち警察沙汰でも起こして自滅して消えてくれると思うよ。そんなの気にせず勉強でもしていようよ。何なら昼寝でも。馬鹿を見ているよりは有益だろうし。