悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

ゲームはクリアしなくていい

「クリア」はわかりやすい「満足するライン」

「魔王を倒して世界を平和にしましょう」でゲームが始まるから、魔王を倒して世界を平和にしたら目的達成でクリアだ。いやぁよかったよかった。

このときプレイヤーの脳内で何が起こっているかというと、目的を達成して満足している。元々魔王に生活を脅かされていたわけではなく、ゲームにお願いされただけだから。生活の質が向上するわけではなく、本当にただ満足しただけ。

つまりゲームをクリアするのは満足するためだ。満足するために、生活上特に必要ない「魔王を倒す作業」をやっている。魔王を倒すのは満足するための手段。

「クリア」前に終えてもいい

満足できるなら「魔王を倒す」でなくてもいい。最初の村の近くにあるモンスターの巣を破壊して村人に感謝された時点で満足してもいい。

そしたら満足したんだからその時点でそのゲームは終わり。わざわざ様々な困難を乗り越えて魔王まで倒す必要はない。これから魔王を倒す作業に費やすはずだった時間が救われる。

「クリア」で終わらなくてもいい

クリア前に満足してもいいし、逆にクリアで満足しなきゃいけないわけでもない。「クリア」は制作者側が設定した「満足するライン」でしかないから。従う道理はない。

ゲーム中に登場する全てのアイテムを集めるとか、主人公を最強に育てるとか、魔王そっちのけでそういう遊び方をしてもいい。

魔王軍は主人公に倒されるまで魔王城で待っていてくれる。アイテムを集めていたら魔王軍が攻めてきてゲームオーバー…なんてことは、特別にそういう設計をしたゲームでなければ起こらない。もちろん「クリア」で終えてもいいんだけど、「クリア」で終えなきゃいけないわけじゃない。

ゲーム以外でも自分で「満足するライン」を設定する

他人が設定した「満足するライン」に執着すると面倒が増える。近くのモンスターの巣を破壊するだけではダメだったり、魔王を倒したら終わってしまったり、それが現実でも起こる。

たとえば試験は合格点が存在する。合格点を超えないと不合格。試験なんだからそりゃそうなんだけど、合格点より下で満足する人が合格するには、合格点までよじ登らないといけない。そして合格点さえ超えれば何点でも「合格」で、それより上は求められない。

自分と試験の「満足するライン」が違うワケね。しっかり自分で「満足するライン」を設定できれば合格点に悩まされずに済む。

残さず食べなきゃ、最後まで読まなきゃ、これ以上は無駄だし…、こういう問題はどれも他人が設定した「満足するライン」によって引き起こされる。だから自分で設定できるようになると消滅する。もっとこう、好き勝手に生きていいと思うよ。