悟りプレイ

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

頑張りたい欲求との付き合い方

頑張りたい欲求とは

人間には「頑張りたい欲求」がある。食欲睡眠欲性欲と同じアレ。これは言葉通り何かに熱心に取り組みたいという欲求で、満たされると幸せを感じられる一方で、満たされないと不安が募って気が病む。何もしないでいると「俺このままでいいのか…?」と余計なことを考えちゃったりするでしょ。

なぜ「頑張りたい欲求」なんてものがあるのか

栄養を得るための食欲、回復するための睡眠欲、子孫を残すための性欲と同じように、状況を改善して生きやすくするために頑張りたい欲求がある。

基本的に状況は頑張らないとどんどん悪化していく。たとえば食べ物は食べ続けたらなくなり、新しく獲得しなきゃいけなくなる。だから頑張って新しい食べ物を獲得しなきゃ、という欲が必要だったんじゃないかな。

「努力の方向音痴」な人が割とたくさんいる

不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」という経済産業省の資料が最近話題になっていて、その中で

かつて 、人には目指すべきモデルがあり、自然と人生設計ができていた。
今は、何をやったら「合格」「100点」か分からない中で、人生100年、自分の生き方を自分で決断しなければならない。

(6ページ目)

こういった部分がある。「目指すべきモデル」があったから頑張れていた「自分で目標を立てられない人」が「目指すべきモデル」がなくなったことで困っている、と。こういう資料に登場するということは、割とたくさんいるってことなんだろう。

「自分で食事ができない人」みたいに「自分で目標を立てられない人」もいるわけだ。「食事を手助けしてくれる人」がいないと「自分で食事ができない人」が餓死してしまうのと同様に、「自分で目標を立てられない人」も「目指すべきモデルを与えてくれる社会」がないと頑張りたい欲求を満たせずに気が病んでしまう。

頑張りたい欲求を発散する方法

社会が「幸せは人それぞれだよね。自分で目標を立てて頑張ってね」と目標を与えてくれなくなった以上、目標を与えてくれる人を探し出すか、自分で目標を立てるしかない。

そこで活躍するのがゲームだ。特に長時間プレイできる奥の深いゲームが適している。ゲームに熱中すればいいんだよ。

ゲームに熱中したところで状況は改善しないんだけど、気が病むよりはマシだと考える。食欲は本来栄養を得るための欲求だけど、まともな栄養のない菓子でも誤魔化せる。それと同様に状況を改善するための「頑張りたい欲求」も、状況を改善しない頑張りでも誤魔化せる。この仕組みを使って、他に頑張れるものが見つかるまでの一時しのぎとしてゲームを利用する。

「努力は状況を改善できる、実益のあるものに対して行わなければならない」という制限を掛けてしまうと、頑張れる対象が見つかりにくくなり、頑張りたい欲求を発散できなくなってしまう。そりゃ毎回栄養満点の食事で食欲を発散できればいいけど、そうもいかない。ときには誤魔化しも必要になってくる。

ゲームは無難な落としどころ

欲求は発散しないといずれ爆発する。飢え死にしそうな状況では、虫でも草でも割と何でも口に入れられる。普段ならまず食べないのに、食べちゃう。

これは爆発した時点で目に付いたもので欲求を無理矢理発散しようとしてしまうから。同様に頑張りたい欲が爆発したときにも、運悪く変なものが目の前にあるとその変なものを頑張ってしまう。それが犯罪だったりすると色々終わっちゃう。

ゲームならゲーム屋で、それどころか昨今ではインターネットで家にいながら簡単に入手できる上に、どんどん課題を与えてくれて頑張れる設計になっている。だから普段から頑張りたい欲求の発散に使えるし、もし爆発しても対象がゲームなら事件にならない。そういう意味で、頑張りたい欲求を発散する道具として、ゲームは無難な落としどころだと思う。

人間は元々頑張りたい生き物で、頑張れるものがないと気が病んでしまう。だからそういう場合に備えて「頑張りたい欲求をゲームか何かで誤魔化す」という選択肢を持っておくと、変に不安になったり道を踏み外して事件を起こしたりするのを防げるんじゃないかな。