悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

もっとみんな「キモい」で嫌っていい

嫌う理由は深く考えない方がいい

「ゴキブリが嫌いなのはなぜか」と考えることはできる。姿がどうとか動きがどうとか。けどなんだかんだ言って最終的に「~でキモいから」にまとまる。それでいいと思う。むしろ最初から「キモいから」でいい。

「キモい」は大変便利な言葉だ。嫌いなものについて考えると気分が落ち込むから、嫌う理由なんて考えない方がいい。その点「キモい」なら実物を鮮明に思い出す必要もなく、3文字で片付く。

そういう意味では「嫌う理由を問う」は嫌がらせと言える。相手の気分を落ち込ませる精神攻撃なんだから。嫌う理由を問う癖があるなら直した方がいい。

どうせ考えるなら好きなものについてがいい。考えている間は幸せだから。嫌いなものについて考えるなんて時間の無駄どころか損だから、「キモい」で済ませて好きなものについてだけ考えよう。

嫌う理由なんて知ってどうするの?

嫌う理由を追求したところで、幸せな未来には繋がらない。「うんわかる~私も~」とかそんな会話に繋がるだけ。二人で嫌いなものを想像し合って、気分を悪くして会話終了。まだ3年前の朝食でも思い出していた方がマシだよ。気分は悪くならないから。

まとめ

嫌う理由は問うな、考えるな。「キモい」で片付ければ気持ちよく過ごせる。「キモい」で済ませて、浮いた時間で好きなものについて考えた方がいい。時間は限られているんだから、どうせなら幸せになれる方に使った方がいい。