悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

ネットゲーム依存症からゆるやかに抜け出す方法

次の暇つぶしをネットゲーム以外から選ぶ

ネットゲームはその性質上、サービスが終了するとプレイできなくなり、強制的に引退に追い込まれる。また現在プレイ中のタイトルに飽きても引退。だから「現在プレイ中のタイトル」に依存している期間はそんなに長くない。長くて十数年。そこまで長引くことはまれで、ほとんどは数年じゃないかな。

ネットゲームA依存症は数年で抜け出せるけど、次の暇つぶしをまたネットゲームから選ぶとマズい。ネットゲームAを5年、その後ネットゲームBを5年続けたら、それぞれのタイトルは5年しか続けていないのに「ネットゲーム」は10年続けているわけで、5年ならまだしも10年では致命傷になってしまう。これがネットゲーム依存症の危険なところ。

10年
ネットゲームA  
  ネットゲームB

だから5年でネットゲームAを引退した時点で次の暇つぶしを「ネットゲーム以外」から選び「ネットゲーム」から抜け出す。これなら被害は5年で済む。

いやぁほら、今すぐ「もうネットゲームはいいや」で辞められればいいんだけどさ。もったいなくて辞められないよね。今まで積み重ねてきた色々が無価値になるわけだし。だから現在プレイ中のタイトルは引退まで続ける。で、それで「ネットゲーム」から抜け出す。

ネットゲームは掛け持ち禁止

同じ理屈でネットゲームの掛け持ちもダメ。掛け持ちするとネットゲームAを引退しても「ネットゲームBで暇を潰せばいいや」となり、他の選択肢が全く浮上しない。しかもネットゲームBを続けている間にネットゲームCまで始めちゃって、ネットゲーム依存症が長引いてしまう。

ネットゲームA      
    ネットゲームB  
        ネットゲームC

だからネットゲームをやるなら掛け持ちせず、1つのタイトルだけを引退するまでやって、ネットゲームはそれで終わり。

他の暇つぶしが引退のきっかけになるかも

「このネットゲームを引退したら、次は何をしよう?」と考えると、まぁ何らかの候補が出てくると思う。

ネットゲームプレイ中の現在からでも、そっちに手を出すことは可能だ。やろうと思えばネットゲーム2つを掛け持ちできるんだから、ネットゲーム1つと他の暇つぶしの掛け持ちも可能だよ。

そして他の暇つぶしの方が楽しいとわかれば「じゃあもうネットゲームはいいや」となり、引退時期が早まる可能性がある。ネットゲームは暇を潰したり楽しんだりするためのもので、それができるなら別にネットゲームでなくてもいいんだよね。ネットゲームより性能のいい暇つぶしが見つかったら、ネットゲームはお役御免だよ。