悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出の写真なんて撮らなくていいでしょ

思い出の写真ってつまり…

「思い出の写真」ということは、未来の自分がその写真を見て思い出に浸り感動するための準備だよね。10年後か20年後かわからないけど「あーそうそうこうだったよね」って。

つまり未来の自分は「「思い出に浸る」くらいしか感動できることがない」ということ。感動するだけなら「ご飯がおいしい」や「ゲームが楽しい」でもいい。それを「思い出に浸る」という手段に頼るだろうと予測して、今から思い出の写真を撮りためているんだから。老後の不安に備えて若いうちから貯金して備えるのと同じ。

何というか…あなたの予測する未来暗すぎない? 何の根拠もないけど、未来のあなたは、何か趣味でも見つけて気楽に楽しんでいるんじゃない? それでよくない?

将来感動できるか不安なら、今からご飯をじっくり味わって「あぁ…しみじみと美味いなぁこのご飯」と感じられるようになるとか、そういうふうに日常の中で幸せを感じられるように練習して、感動の収入源を増やしておいた方がいいと思うよ。日々のご飯で感動できるんだから、感動に飢えることはないだろうさ。

未来のあなたも美味しいご飯を食べているだろうし、素敵な光景を見ているだろうし、かわいい動物も絶滅してはいないと思う。じゃあ思い出の写真の出番なんてないじゃない。あなたの未来は思い出の写真の出番があるような、暗い未来じゃないんだよ。