悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスそのものが体に悪いわけではないんじゃないかな

ストレスの原因そのものが体を壊す

ストレスという毒が体を壊すんじゃなくて、そもそものストレスの原因が直接体を壊しているんじゃないかな。

寝不足 → 寝不足でストレスが溜まる → ストレスで体が壊れる

ではなくて

寝不足 → 寝不足によって体が壊れる

そりゃ寝なくちゃ体が壊れちゃうよね。そこにストレスが入り込む余地はない。

ストレスを解消しようとして体が壊れる

ストレスが溜まる → 酒を飲んでストレスを解消しよう → 酒で体が壊れる

という流れ。酒が体に悪いというのは今更わかりきっていても、一刻も早くストレスを解消したい人にとっては、手段を選んでいる場合じゃないんだろうね。一時的にストレスを解消できても根本的な原因はそのままで、体を壊しちゃうわけだから、すぐに前より悪い状況に陥る羽目になるんだろうけど。

「ストレスと戦う」という幻想

「寝不足によるストレスで体が壊れた」だと「寝不足で体が壊れた」よりも詳しく説明しているように見える。「寝不足」で終わらず一歩踏み込んだ「寝不足によるストレス」が原因と説明しているから。それでつい「~によるストレスのせい」と言ってしまう。

けどこれだといつの間にか敵が「寝不足」から「ストレス」にすり替わっている。ストレスのせいにしてしまうと、解消すべきものが「ストレス」になってしまう。本当に解消すべきなのは「ストレスの原因」なのに。ストレス解消グッズで遊んでいる場合じゃないよ。

「ストレスを解消する」ではなく「ストレスの原因を解消する」。ストレスの原因が少なくストレスを感じにくい生活を送っていれば、ストレスを解消する必要もなくなるよ。