悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

高い勝率を維持することをやめれば、ゲームはもっと自由になる

勝率の意味と現実

勝率が高いってことは、強いってことだ。強いからすごい。しかし勝率は戦った回数と勝った回数で計算する。敵の強さは関係ない。弱い敵に全勝しても強い敵に全勝しても、勝率100%という見た目は変わらない。

この仕組みを利用して「弱い敵としか戦わないようにして高い勝率を維持する」「負けた方が後々有利な場面でも、勝率維持のために頑張って勝つ」という遊び方をしている人を今までに何人も見てきた。

「弱いものいじめが楽しい」「高い勝率を維持することに幸せを感じる」などの楽しみ方ができているなら、それは悪いことじゃない。弱いものいじめと言っても趣味のゲームの中の話だし、趣味は楽しんでなんぼだから。

けど「強い敵と戦うのは面白いだろうけど、負けて勝率に傷を付けたくないからやらない」というは間違っていると思う。勝率の数字に縛られて、もっと楽しめる選択肢を選べていない。そいつはよくない。趣味は楽しんでなんぼだ。楽しもうよ。

勝率の数字を気にしないプレイスタイル

勝率が高いってことは、強いってことだ。強いからすごい。つまり「勝率が高いからすごい」ではなく「強いからすごい」だ。

弱い敵と戦い続けても、基本的にあなたはあまり強くならない。1戦で得られる経験値が少ないから。一方で強い敵と戦う方はどんどん強くなる。1戦で得られる経験値が多いから。

その結果として勝率の数字はボロボロでも、実体としては強くなっている。勝率を気にしなければ、負けることを選べるからその分選択肢が増えてやりやすくなる。

通帳の数字と同じだ。通帳の数字が増えるだけでは意味がない。幸せを感じるために使えない大きな数字など、紙に印刷されたただの数字でしかない。どうせゲームを辞めるときには無意味になるんだから、それならぱーっと使って現役時代を楽しんだ方がいい。

まとめ

勝ち続けた先にしか幸せがないと思い込んでいる人にとっては、たかが趣味のゲームがとんでもなく難しい綱渡りになる。そいつはよくない。

適当に負けても、その戦いで負けたなりの人生が続くだけ。1回負けただけで地獄まで真っ逆さまってほど現代社会は綱渡りじゃない。

勝率を気にしなくなれば、負けても「勝率に傷が付いたこと」にストレスを感じない。その分気持ちよく暮らせる。気持ちよく楽しむ邪魔になるなら、勝率なんて捨てちゃおう。