悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは年収がいくらだったら満足する?

必要な金額を計算してみよう

お金は何かのために使う道具だから、まず使い道から計算してみよう。生活にいくら、税金や保険・年金にいくら、趣味にいくら、…で、その合計額はいくらか。

仮に1年あたり500万円必要という計算結果が出たなら、この人は年収が500万円ないと生きていけない。けど500万円あれば足りる。600万円とか数千万円とか、そういう年収は必要ない。

あなたが希望する年収はいくらで、計算結果はいくらだっただろう。希望年収の方が高かった人が大半だと思う。実はお金はあなたが思っているほどなくても生きていけるし幸せも感じられる。

計算を見直してみよう

最初の計算は、あなたのそのままの希望を計算した。だから計算を見直すと、必要年収のハードルはもっと低くなる。「別にこんないい車じゃなくてもいいんじゃない?」「海外旅行じゃなくて国内旅行でもいいかなぁ」と。

国内旅行で幸せを感じられないかというと、そんなことはない。温泉に入って、上手い飯でも食えば幸せを感じられるよ。世界各国の遺産やら何やらを観光する必要はない。それなら安くていいじゃない国内旅行。

さて、ものすごい勢いで値下がりした必要年収と、最初の希望年収を比べてみよう。最初のアレは何だったんだろうね…。

今の年収に満足できれば平和に暮らせる

今の年収500万円で満足できれば、転職や昇進などを考える必要がなくなる。同じ仕事をしている同僚が年収600万円でも嫉妬する気も起きない。だって500万円あればいいんだし。そう考えられれば競争や争いから離れたところで平和に暮らせる。

転職や昇進は成功するとは限らないし、成功するにはそれなりに頑張らなきゃいけない。嫉妬に至ってはストレスしか生み出さないただのマイナス。十分な収入があるなら、わざわざそんな世界で疲れなくてもいいんじゃないかな。

大切なのは「いくらもらっているか」ではなく「満足できる額をもらっているか」。「500万じゃ足りない」という人は年収500万では喜ばないけど「500万で満足」という人は年収500万で幸せ。同じ年収でこの違い。

まとめ

自分より年収の高い人のことが気になったり、世間一般の年収と自分の年収を比べてみたり、…そのお金を使って暮らすのは自分なんだから、他人と比べたって仕方ない。

比べるなら必要額と比べよう。それで十分と思えれば心穏やかに暮らせるようになるよ。