悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

「性癖」は「性的嗜好」という意味の言葉ではないんだってさ

「正しい日本語」に何の意味がある?

性癖は正しくは「性質上の偏り、癖」といった意味なんだそうだ。「性の癖」じゃなくて「性質上の癖」。でも多分「私には幼女に興奮する性癖があります」と言っても相手には「この人には幼女に興奮する性的嗜好があるんだな」と伝わる。

仮に「やーい性癖の意味間違ってやんのバーカw」という反応を返されても、それは私の伝えたいことを理解した上で日本語の誤りを指摘しているだけ。伝えたいことはしっかり伝わっている。

私が発した言葉によって、相手に私が伝えたいことが無事に伝わったわけだ。正しい日本語じゃないのに。言葉は伝えたいことを相手に伝えるための道具だ。使用目的は「伝えたいことを相手に伝えるため」。それだけなら正しくない日本語でも達成できてしまったよ?

ハサミでなくても紙を切れるのに「紙を切るために使う道具はハサミでなければならない」と言っているような、「正しい日本語」にはそういう無理矢理感がある。

「正しい日本語」の価値

「ハサミを使わなくてもいいじゃん」とは言ったけど、紙を切るためにハサミを使っちゃいけないわけじゃない。そしてハサミにはハサミの価値がある。カッターより比較的安全で、手で千切るよりきれいに切れる。

「正しい日本語」にもそういう価値があれば選択肢に入る。わざわざ辞書で正しい意味を学習して、注意して使用するほどの価値があれば。

私の考える「正しい日本語」の価値は「伝わりやすさ」だと思う。正しい日本語なら、正しくない日本語を使う場合より相手に伝えやすい。だから正しい日本語を使う。

で、「伝わりやすさ」という観点で「性癖」を考えるとどうだろう。十分な確率で伝えたいことを伝えられる、正しい日本語並の実力を持った言葉なんじゃないかな。受験していないから合格していないだけの、十分な実力を持っている人みたいな。

まとめ

辞書は「正しい日本語」としての意味を掲載している本。けどそもそも言葉は伝えたいことを伝えるための道具で、伝わればそれが正義だ。何も「正しい日本語」でなければならないってワケじゃない。

だからさ、辞書にどう書かれているかとか、正しい日本語かどうかとか、そういうのを気にする前に「目の前の相手に確実に伝わるかどうか」を意識した方がいいと思うよ。