悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

「なんで彼氏彼女を作らないの?」って、え?彼氏彼女っていないといけないの?

「男女付き合い」は選択肢の1つ

「彼氏彼女とかめんどくさいからいらねぇわ」「男女付き合いしてる奴らはアホばかり」などと言いたいわけじゃない。男女付き合いも素晴らしいものだろう。

ただ、男女付き合いが人生の最大目標な人ばかりではない。いい大学・いい会社に入ることを目指している人、すごい絵を描きたい人やのんびり田舎暮らしをしたい人もいる。「男女付き合い」もそういう選択肢の1つでしかなくて「なぜやらないのか」と理由を求めるものではないと思う。

たとえばマラソン選手に「なんで上手い絵を描けるようになりたいと思わないの?」なんて質問するかな。マラソン選手だから、速く走りたいとは思っても絵が上手くなりたいとは思わないんじゃないかな。そりゃ下手よりは上手い方がいいだろうけど。

レストランでメニューを選ぶとき、選ばなかったメニュー全てについて、「これは値段が合わない」「これは体に悪そう」などと「選ばなかった理由」を付けているわけではないと思う。「これが食べたい」でメニューを選び、そのメニューを選んだから他のメニューを選ばなかった。それだけ。

その人が選んだ「人生の大切なこと」が「男女付き合い」以外の何かだっただけ。その何かを選んだことで、他の数多の選択肢と一緒にその人の意識からこぼれ落ちただけ。だから「なんで彼氏・彼女を作らないの?」と言われると「え?」となる。

子孫が残せない? 別にいいです

「男女付き合いができないと、子孫も残せないではないか」って、それも男女付き合いと全く同じ。子孫繁栄が「人生の大切なこと」でない人もいる。あなたの「子孫を残したい」という気持ちを馬鹿にするわけではないよ。それが「人生の大切なこと」な人もいるだろうね。そうでない人もいる、という話。

「人は当然男女付き合いしたいはずだし子孫を残したいはず」「男女付き合いは子孫を残すために行うもの」などという前提で話を進められても話がかみ合わない。そりゃあなたと同じようにそう考える人もいるだろうけど、全員じゃない。

「同性同士の付き合い」を「子孫を残せない非生産的な付き合い」と言うのは「男女付き合いは子孫を残すために行うもの」だから。「好きな人と一緒にいたい」だけの付き合いもあっていいし、それなら子孫を残せるかどうかは問題にならない。

人生を楽しむ邪魔をしないでほしい

マラソン選手も「お前絵下手だな」と言われればイラッとするし、自分の絵の下手さを気にしてしまう。「絵の練習」なんて寄り道をしてしまうかもしれない。絵の練習ではマラソンのタイムは改善できないのに。

あなたが「お前絵下手だな」なんて言わなければ、彼は気持ちよくマラソン人生を楽しめる。あなたは彼の幸せなマラソン人生を邪魔したいの? 多分そんな気はないと思う。それならやめようよ。「お前絵下手だな」なんて言うの。

致命的でなければ、相手の欠点を指摘する必要はない。むしろ相手の幸せの邪魔になるのだから、指摘すべきじゃない。相手にとって取るに足らない欠点とすら思っていなかったことが、あなたの指摘で欠点になってしまう。

「人生の大切なこと」が決まっていたら

もしあなたが既に「人生の大切なこと」を見つけているなら、外野からぎゃーぎゃー言われても気にしなくていい。自分と同じ価値観で生きているものと勘違いして的外れなことを言っているだけだから。

あなたがマラソン選手なら、絵の上手下手や男女付き合いの具合なんて気にせず、タイムを気にしていればいい。絵の上手下手や男女付き合いの具合は、それが「人生の大切なこと」になってから気にすればいい。

不安を煽る広告を徹底的に無視する

絵画教室としては、相手がマラソン選手であろうと誰であろうと、絵の下手さを気にして入会してくれれば儲かる。婚活業界なんかも、みんなが男女付き合いの具合を気にしてくれれば大儲け。だから「その人にとってどうでもいいこと」を「人生の大切なこと」に押し上げようとする広告が溢れている。

そんなもんにいちいち付き合っていても不幸にしかならない。自分が欠点だらけの人間にしか思えなくなる。だから「私はマラソンしていれば幸せだからご心配なく」と無視した方が気持ちよく暮らせる。人間誰だって致命的でない欠点の1000や2000くらい抱えてるさ。致命的でないから意識していないだけで。

まとめ

「致命的でない欠点は指摘するな、指摘されても気にするな」

この長い記事を要約するとこうなる。指摘しなければ相手は気持ちよく暮らせるし、指摘されても気にしなければあなたが気持ちよく暮らせる。みんな幸せ。