悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう考えても損な宝くじを、それでも買う理由

「生活に全く影響しない金額」で可能性を買う

年収500万円の人が毎年1回宝くじを3000円分買うとする。基本的に外れるから、実質年収499万7000円。ときどきある少額当選はどうでもいいから無視するね。

年収500万円と499万7000円。比べたらそりゃ500万円の方がいいけど、499万7000円でも生活の質は全く変わらないと思う。つまりこの人のこの買い方は生活に全く影響しない。

それでいて万一…万一なんて高確率ではないだろうけど、仮に1億円が当たったら生活は激変する。たとえば単純計算で20年くらい早く仕事を辞めても生活の質を維持できる。この「大金が当たる可能性」は宝くじを買わないと0だけど、買えばほんの少しだけ生まれる。

「大金持ちになって状況が一変する可能性」があれば、それを希望にして考え直したり生き延びたりできる。けど可能性が全くないと、今の悪い状況が改善される見込みがないから悪い方にしか考えられない。絶望して自殺、なんて選択肢もちらつく。宝くじはこういう精神安定剤みたいな使い方ができる。

なぜ宝くじなのか

大金を手にするだけなら競馬でも株でもいいわけじゃん。その中でも宝くじを買うのは「実力不要で生活に影響せず、すごい額の高額当選があり得るから」。

全く実力が影響せず、生活に影響しない

競馬や株だと知識を使って選ぶ必要がある。馬のデータを調べたり世界の動向を気にしたり、それで生活の質が落ちては困る。

宝くじなら1年に1回売り場に行っていつもと同じ枚数を買って、当選発表の時期になったら確認する。それだけ。少額当選で受け取りに行くのが面倒だったら行かなくてもいいんじゃないかな。

このようにほとんど「そのための作業」が必要ないのが宝くじのいいところ。

すごい額の高額当選があり得る

100万円当選したところで何ら生活は変わらない。ちょっといい家電製品を買ったり旅行したら使い終わっちゃう。これでは当たっても「ちょっと嬉しい」にしかならない。

けどこれが1億円とか、そういう高額当選だと生活が激変する。だから「そこそこの確率で最高当選金額100万円」ではなく「低確率で高額当選のあり得る宝くじ」。

まとめ

まぁ当たらないよね。うん。分かってる。でも生活に影響しないなら「損だから買うべきではない!」と一刀両断しなくてもいいと思う。これが毎月収入の半分以上を溶かすというなら私も「ちょっと待てよ」ってなるけどさ。

絶望したときに備える掛け捨て保険みたいなもの。そういう見方をすると、どう考えても損な宝くじも、そんなに悪くないものに見えてくるかもよ。損だけど。