悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

主語の大きい発言は適当に聞き流すと心穏やかに暮らせる

その発言は的外れだから、気にするだけ無駄

「男って~が好きだよね」と言われてもピンと来ない。自分は男だけど、~が好きではないから。じゃあ私は男ではないのか…?ってそんなわけはない。男だよ。性別欄の男の方に○を付けていいよ。

つまり「~が好きでもない男」もいる。この時点で「男って~が好きだよね」はおかしいということになる。正確には「一部の男って~が好きだよね」だ。これなら「そういう男もいるよな」ってなる。

「男って~が好きだよね」なんておかしい話に耳を傾ける必要はない。「~な男」も「~でない男」もいる。男に共通しているのは「男であること」くらいだ。

逃げよう

ということで、おかしな話をクソ真面目に触れ回っている人からは逃げよう。無人島でその人と二人っきりってわけじゃないんだから、もっとまともな人が他にいくらでもいる。選び放題だよ。

自分にとって重要な人の発言だから、相手を重要な人と思い込んでいるから、気になってしまうんだ。相手を選ぼう。そんな発言をする人は多分そんなに重要な人じゃないよ。

逃げると言っても足や車を使って物理的に逃げるのでなくても「この人はそれほど重要な人ではないから、気にしないようにしよう」と心理的な距離を置く逃げ方でいい。そう思えれば、心穏やかに聞き流せる。更正する気もないから適当に「そうっすねー」って。

「一部の」が省略されている

「男って~が好きだよね」と言った人も、実際に全ての男が~を好きだなんて思っていなくて、ただ面倒だから「一部の」を省略しただけかもしれない。そりゃそうだ。全男性が~を好きだったら怖いわ。

けど聞き手であるあなたが「男って~が好きだよね」をそのまま受け取る傾向があるなら、そういう省略する人との付き合いは誤解の連続になってやりづらいと思う。それなら省略しない人と付き合う方がいい。

まとめ

「省略しない人の方が格上」とかそういうんじゃなくて、自分に合う人と付き合おうって話。省略しない人は省略しない人で話し方がくどくなってしまうから一概に素晴らしいとも言えないし。

人類みんなお友達! なんて無茶をする必要はないんだから、相手を選んで楽に気持ちよく付き合っていけばいいと思うよ。