悟りプレイ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りプレイ

捨てる、辞める、省くブログ

休憩時間や休日は連続しなくてもいい

連続しない休み方とは

8時間仕事+1時間休憩の場合、昼休みを1時間とすると

4時間 1時間 4時間

こうなる。でも1時間休むだけなら以下のような休み方も考えられる。

2時間 10分 2時間 40分 2時間 10分 2時間

これが連続しない休み方。昼休みが40分しかない代わりにいわゆるおやつの時間に10分ずつ休憩がある。

休憩時間だけでなく休日も同じ。土日休みではなくたとえば水日休みとか。

連続しない休み方のしくみ

休み明けのストレスが少ない

連続しない休み方は活動を連続する時間が短い。連続する休み方では次の休憩まで4時間活動する必要があったけど、連続しない休み方なら2時間活動すれば休憩になる。このため休み明けの「気合いを入れて頑張らなきゃいけない感」があまりない。

連休後半は効果が低い

40分しか昼休みがないため、昼食後に一服するだけで終わってしまう。しかし「~だけで終わってしまう」と書いたから不足しているように見えるけど、昼食後に一服すれば十分かもしれない。もし40分で回復が完了していれば、20分長く休憩したところでそれ以上回復しない。テストの点数と同じだ。50点に40点足して90点にするのは簡単でも、90点に10点足して100点にするのは難しい。そして100点満点のテストはどう頑張っても100点までしか点数は上がらない。

だから連休後半を休まずに一度活動する。体力が減ってから残りを休めば回復する。昼休み明けの活動で体力が減れば、3時のおやつで回復できるし、回復した分活動終了時点での体力も余る。

f:id:satoriplay:20160701224509p:plain

グラフを描くとこんな感じ。上が連休、下が連続しない休み方。連休では右端で50点を下回っているけど、連続しない休み方だと50点より少し上を維持している。

連続しない休み方の問題点

「連休でないとできないこと」ができない

宿泊する旅行などは連休でないと難しい。「まとまった時間休めること」に意味がある場合は連続しない休み方は適さない。

何も連休しちゃいけないというわけではないから、必要なときは連休すればいいんだけど。

世間一般が連休制

取引先が土日休みであなたが水日休みだと、水曜日と土曜日は仕事しているのに取引ができない。また学校などは土日休みだから、家族や知人などとも休日が合わず、休日に会うのが難しい。

世間一般が連休制で休日が合わないから、外出する用事で混雑を回避しやすい、役所など平日昼間しか開いていないところを利用しやすいといった利点もある。平日昼間しか開いていないところをそんなに頻繁に利用するかというとアレだけど。

そもそも会社がそんな制度じゃない

下っ端だとどうしようもないよね。提案くらいはできるかもしれないけど、大幅な制度変更が必要になるだろうから、うん。うん…。

ある程度自分で働き方や制度を決められる人なら融通が利くからやりやすいかも。

まとめ

連休後半にそれほど大きな回復効果はないのかもしれない。「8時間睡眠で100回復するなら24時間睡眠で300回復する」ってそりゃおかしいからね。

実行には色々壁があるけど、実行できる状況にあるなら検討してみるといいと思う。もしかすると連休制より便利かもしれないから。